泳いで前向き

大学生になってから元気がなくなったり落ち込んだりする状態が定期的に訪れるようになった。気分が晴れず部屋の隅であーだとかうーだとか喋ってもうどうしようもない感じになる。以前までは落ち込む要因を気持ちよく外出ができないことや気軽に話せる友だちがいないことなどに見出していたのだけれど、最近ようやく運動不足であるのが問題なのではないかと気づいた。だから元気がなくなったときには近所の市民プールで泳ぐようにしている。泳いで疲れると前向きな性格になる。

たしかに高校を卒業するまでは絶えずスポーツをしていて、それが学生になったとたんにその絶え間なかった運動習慣がなくなってしまった。特段運動神経に優れているわけでもないので、当時はスポーツ嫌いぶっていたが、実際は身体を動かして心地よく疲労が溜まっていく感覚を愛していて、それでようやくさわやかな笑顔と前向きな性格を取り戻すことができる。泳いで、俺はさわやかになる。

市民プールは未就学児と高齢者で賑わっていてZ世代には肩身が狭かった。両端のみなさんから負けないように屈強で美しいストリームラインで周囲を圧倒し続けました。スイミングスクールに通っていた頃から平泳ぎの息継ぎのタイミングで首を左に傾げてしまうクセがあったので、真っすぐ正面を向いて呼吸するようにした。速いとかどうでもいいので、かっこよく息継ぎをしたい。あと合間にポカリスエットを飲んでいたのでさらにさわやかになった。ポカリスエットはコマーシャルのせいで過度なさわやかさのイメージを手に入れてしまっている。

16時半ごろにプールから上がって自転車で帰った。丘の上にある市民プールから泳ぎ疲れてほてった身体で自転車で下ると、風を思いっきり食べることができて気分がいい。漕ぎながらbetcover!!を口ずさんでいて、まさしく元気になっていた。

帰宅して水着を洗ったり片づけたりしつつ夕飯の準備をした。今晩は昨日炊いて冷凍したご飯と大根と油揚げのみそ汁、あと野菜の焼き浸しを食べた。購読している id:nekochanchang さんのブログで夏野菜の焼き浸しのことが取り上げられていたのが気になっていて*1、傷みかけていたナスやピーマン、見切り品だったカボチャや新鮮なししとうなどで焼き浸しを朝のうちに作っていたのだった。あとこれまでみそ汁の出汁はほんだしを使っていたけれど、今日はだしパックを使ってみた。ほんだしより甘いような気がしました。とにかく野菜をたくさん食べたので楽しかった。
nekochanchang.hatenablog.com


あとこれは昨日の朝の話なんだけど、真造圭伍の『ひらやすみ』という漫画をkindleで全3巻を買って読んだ。これは id:GAMEBOYZ さんが新しいエントリーで紹介されていて楽しそうだと思ったから。第3巻の第24話(24日目)で渋谷のハロウィンイベントに出かけたがいまいち楽しめなかったというなつみちゃんにヒロトが「やんなかったよりやった方がよかったと思うよ~」というメッセージを送るところでなにもやんなかった2年間の大学生活のことがすべてフラッシュバックして気持ちが良かった。このシーンめっちゃよかった。これまであまり漫画を読んでいなくて、あちこちにあるはずのおもしろい漫画を見向きもしないで過ごすのはもったいないだろうと思って、漫画を読むようにしている。アルバイト先の先輩に『ハイキュー!!』を薦められたので読んだらめっちゃ良かった。高校生のスポーツ漫画は学年が上がっていくものだとばかり思った。
gameboyz.hatenablog.com


昼に先日恋人が遊びに来たときに一緒に行った「やぐ羅」というスパイスカレー屋さんで揚げ野菜のカレーを食べたことや、つい先日「イオンモール北大路」にリニューアルされることが発表された北大路ビブレでドーナツを買ったことも、僕を前向きかつさわやかにさせてくれた。フレンチクルーラー食ってさわやかになってから、彼女と電話して寝ます。

*1:焼き浸し以外にも野菜にまつわることが頻繁に紹介されていて野菜食べたい欲が掻き立てられます。