いい名前をつけたい

ようやく『悪は存在しない』を観に行くことができた。一昨日は上映時間を勘違いしていたので観に行けなくて、昨日は別の研究科へ進学した先輩と雑談をしていたら上映時間が過ぎていた。彼とは専門分野や問題関心は異なるんだけど、なんというか態度が近いので楽しく話せる。修士論文の構想と、それをもしより大きな研究に位置づけるとしたらどの章に組み込めるかについてべらべら話して、おもしろそうだねという相槌を打ってもらった。でしょ!

『悪は存在しない』

出町座で『悪は存在しない』を観た。魔法みたいでいい題名だと思う。悪は存在しない。明日からも頑張っていこう!と元気の出る作品ではありませんでした。どれを選択したとしても、自分の社会的な活動を規定する特定の構造には組み込まれざるをえないのだと突き付けられるような感じがした。しんどい。とはいえ、どれを選択するかはある程度(ある程度)選ぶことができますね。あと、ちょうどディミトリス・クシガラタス『リチュアル』を読んでいたこともあって、社会的慣習とそれによって形づくられる規範と価値観が描かれているようにも読めた。つまりそれは儀式です。水汲みと食事よりも説明会、それよりもオンライン会議の方がより儀式的だった。それにしてもすごいタイトルだと思う。悪は存在しない。

ミニマル焼売ほか

夕飯に稲田俊輔『ミニマル料理』を参考にして焼売を作った。ミニマル焼売。かなりひどい出来で、玉ねぎのみじん切りが粗すぎたし、蒸され過ぎた皮がベタベタだったし、しょっぱかった。あと何回か作ればサマになると思う。「ミニマル焼売」というのもいい名前。さっきタイムラインで見つけたツイートで、SoundCloud のマイクロジャンルに関する記事のなかで、マーク・フィッシャーが自身のブログで「ネーミングは中立な言及行為ではなく、初めにはなかった余剰価値を生み出す」と述べていたと書き込まれていたことを思い出した。意図が介入しますね。名前をつける機会があったら、いい名前をつけたい!