「みんなで観たらたのしいかもね」

講義開始 09:00

レジュメとフィードバック用紙を受け取り、Scrapbox に第10回講義のページを作成

好きな先生 09:02
「みんなサッカー観ました? 決勝トーナメントは友だちと集まって、みんなで観たらたのしいかもね」

動揺

講義終了 10:26

用紙を提出するために好きな先生のもとへ

好きな先生 10:33
「それぞれがパーソナライズされたメディアを見る時代に、ひとつのコンテンツをみんなで楽しむ経験ってすごくいいと思うよ。俺も朝から学生と集まって見てきて楽しかったし。俺も学生時代そういう体験をしたから、学生のうちにそういうことをするといいと思う」

OK

寒さ 2.0

あらかじめ伝えられていた通り、冷え込みが激しくなった。寒さ 1.0 から寒さ 2.0 への移行が完了。具体的な指標としては、いくら湯船に浸かっても一切効果がなくなることなどが挙げられます。天気予報で翌日の天気や気温を知ってから、当日にその天気や気温を体感するという体験を繰り返しているせいで、細やかな天気の違いや気候の様子に気づくことができない。晴マークのアイコン。雨マークのアイコン。曇りマークのアイコン。あるいは数値で理解している。観光旅行とかもメディアで学んだイメージを確かめるためにしている。ちなみに寒さ3(スリー)については僕はあんまり知らないです。北海道とか行くと分かるのかも。これって確認ですか。もし俺が北海道へ行ったときに新たな段階の寒さを知ったら、それに名前を与えようと思います。

  • ずっと前からそうだけど、おれっておれの能力を過大評価している 調子に乗ってる
    • このごろ、組織内で相対的に自分の能力が高いと感じたり、外部の人から自分の生産物を褒められたりしていて、舞い上がっている ← 舞い上がれ

4限に映像資料として『クローズアップ現代』の「“投げ銭”急拡大 空前のブームで何が」の一部を見て悲しくなった。ライブ配信で視聴者からのいわゆる「投げ銭」を求める配信者と、彼女へ送金するために食費を切り詰めた生活を続けると宣言する男性は、どちらも明らかにスポイルされている。グロテスクで直視できない。そういったことを、講義が終わってから先生に話したら、そういった見方もできますよね、とはいえライブ配信をする彼女は現行のメディア環境を活用して成功を収めるための戦略をとっていますね、と伝えられた。そういった見方もできますね。

  • ちょうどいま『仮面ライダーBLACK SUN』の最終話を観終えました
    • 途中でホームランバーをふたつ食べた

6限で近くの席に座っていた人の香水の匂いで性的に興奮してしまって受講どころじゃなくなってしまった。もうどうしようもなさすぎる。生活をしていて欲情に駆られたいタイミングなし。性生活にまつわることってどうやって対処していけばいいんだ。僕が規則正しい生活にこだわっているのは、性的な部分を消したいから。規則正しさはセクシーじゃないため。

  • 浴槽にお湯を溜めている間、腕立て伏せとスクワットをするのが習慣になってきた
    • 10回とかでへとへとになっていたが、日に日に回数をこなせるようになっている
    • ウエルベックの作品を読んでると筋トレしたくなりませんか? きっかけはそれです
  • 進学についてゼミの先生に相談したいと LINE を送った
    • 「おk」とのことです

夜はおそろし

  • 2023年4月に Black Country, New Road による単独公演が開催されるらしい。行きたすぎる。彼らのフジロックでの演奏を配信を通じて観て、感極まってパタゴニア京都へ駆け込み、バギーズショーツを購入した経験があるので、生演奏を目の当りにしたらどうなってしまうんだろう。
    • 先行販売はもうすでに売り切れていて、12月初旬の一般販売でチケットを買うことになりそう。ライブへ行ったことがあまりないので、このような手続きを少なからず憎んでいる。
    • BC,NR というバンドから漂う、望ましい「チーム」感(個人の意思が尊重されていて、近すぎず遠すぎない信頼関係が形成されていて、英雄的なリーダーが存在せず組織としての強さを保持ていてる)に、憧れを抱いている。彼らについては2枚のアルバムしか知らないのだけれど、いくつかの写真やステージ上でのやりとりから、ストーリーを見出そうとしてしまう。
      • この振る舞いを危険視している。個人や組織の制作物ではなく、その個人や組織それ自体を過剰に好意的なまなざしを向けることは、それらをすり減らしてしまうかもしれないと考えているからだ。個人や組織への過剰な期待はとても苦しいプレッシャーになり得る。もし個人や組織を、まるでコンテンツを消費するかのような態度で接しているとき、私はそれに気づくことができるほど訓練されていない。
  • 日が暮れてから外出するのってまじでありえない。暗い道を歩くのが本当に嫌。そもそも暗くなってから外へ出るのがまじでしんどい。
    • ライブをはじめとするさまざまなイベントや催しごとは日が暮れてから開催されるので、夜を生きるみなさんにおすすめ。
      • 夜に出かける人は、物好き。
    • 朝起きて就寝までの時間感覚ではなくて、日が暮れてから次の日が暮れるまでのセットで24時間を捉えているかもしれない。
      • これまでずっと夜寝るのは翌日の日中を素晴らしくするためだったから、俺の1日の認識ってこれなのかも。
  • たき火したい。
  • 恋人は「声が大きくてうるさいから」という理由で漫才を毛嫌いしている。気持ちがよい。
  • いまのところクナイプのバスソルトでいちばん好みなのはサンダルウッドの香り。セクシーな感じする。
  • 12月からがくんと冷え込むとのことだったので毛布を準備した。用意周到。情報が先、体験が後。
  • 小袋成彬『Strides』のリミックス盤『Strides Remixes』に収録されている「Parallax - Holloway Remix」で「まるで幸せ」って言葉がぷか~っと浮かんでいておもしろい。まるで幸せ~♪
    • 小袋成彬のことを好きな人と嫌いな人がいると思うんですけど、僕はどちらも同じくらい信用しています。
  • すみません、スコット・フィッツジェラルドの作品は村上春樹訳の『グレート・ギャツビー』しか読んだことないです。
    • 大学1年生の春休みにロスト・ジェネレーションの文学縛りでいくつか小説を読んだ。ヘミングウェイとかフォークナーとか。
  • 2022年の Spotify まとめがでた! 高校生の頃から毎年見ているので、紅白歌合戦よりも年末の風物詩感ある。
    • 今年よく聴いたミュージシャンは Arctic Monkeys で、よく聴いたアルバムは「Ants from Up There」でした。